奈良時代 律令国家

日本史(奈良時代)の備忘録も含め、こちらにまとめてみました。

解釈など異なる点がありましたら申し訳ありません。

 

中国・唐が導入していた律令制

唐の国力が増加し、日本の友好国の百済が滅亡

日本 白村江の戦いにて、唐に敗北医、日本の国内外の安全保障が不安定に

日本 国防力の増強、中央集権国家体制の確立が最優先事項であるとの認識が広まる

 

日本 701年に大宝律令を制定(唐の律令制を参考)律令国家の始まり (刑法+行政法)

→軍亡霊などにより、豪族の兵が国造軍に変わる。国家が兵士を徴兵

→中央政府が指揮監督する国軍(軍団)が整備される

奈良時代の日本は、大宝律令により行政組織と、軍事組織が整備されたという点で、日本における中央集権体制が確立した時期と言える。

 

大化の改新はとても有名ですよね。でも、その前後の動きが政治的にはとても大切だと思います。

ただ、律令国家って一言で言われてもなかなか理解ができず、なぜ日本がそれを取り入れたのか?歴史的背景を含め、まとめてみました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中