バイクを歩道に停めたら黄色いシールが貼られてた件

街中に用事がありバイクで行ったのですが、公営の駐輪場が満車で入れませんでした。仕方がないので用務先の前の歩道にバイクを停めました。

1時間ぐらいで用事が終わり戻ってみると、バイクのハンドルに何やら文字がびっしり書かれた黄色いシールが貼られているではありませんか。なんじゃこりゃと思いながら良く読むと「駐車違反」「警察に出頭しろ」などと書いてあります。

うわー、キップ切られたー、警察行かにゃいけん、と思いますが、ここで警察に出向いてはいけません。もし出頭したら、反則金とともに1~3点の違反点数が付いてしまいます。

まずはシールをはがして一旦落ち着きましょう。後日所有者の自宅に、「放置違反金の仮納付書」が郵送されてきます。二輪車の場合6,000~10,000円、自動車の場合10,000~18,000円程度になります。

自分に正当性がある場合は弁明通知書を書いて送ることで違反金を免れる可能性はありますが、そうでない場合はおとなしく違反金を払ってしまいましょう。払ってしまえば点数を引かれることもありません。

というわけで、このような事態に陥ったらバカ正直に警察に行かず、郵便が届いてから違反金を支払う方が点数を引かれなくて済むのでお得です。正直者がバカを見るという事ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中