知り合いから法人を譲り受けた話

個人的に経理の仕事を請け負っていた知り合いの夫婦所有の会社が諸事情で事業をたたむことになりました。ちょうどその頃自分で何か事業を始めたいなと思っていたので、潰すぐらいなら譲ってくださいということで、会社の器を譲り受けることになりました。会社の種類は株式会社ではなく合同会社です。

会社を廃業する場合、法務局に清算登記をする必要があり、登録免許税\41,000と官報公告料約\30,000合計約\71,000が最低限必要になります。

合同会社を新たに設立する場合、収入印紙代\40,000と登録免許税\60,000合計\100,000が最低限必要になります。

譲り受けた場合、登記変更のみで済むのでかなりの節約になります。デメリットは、登記事項証明書に前の情報が載る事ぐらいです。気にする人は難しいかもしれませんが、自分はあまり気にしない方なので大丈夫です。

変更登記は商号変更、前社員の末梢(2人分)、社員(自分)追加、目的変更、本店所在地変更
で\60,000程度で済みました。
実際は書類作成を知り合いの司法書士事務所にお願いしたのでもう少しかかりましたが、一から会社を立ち上げるよりは随分お安くできました。


何の事業をするかということはまた今度。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中