英語学習

英語学習について語ろうと思う。

筆者のスペックは国立大学卒業、英検準一級、TOIEC860点。

まず筆者は英語の専門学校にも通っていた経験があり、ここで紹介する勉強法は当時の筆者が積極的に行っていたものです。個人的には効果、実力がつくと実感したので紹介します。

まず、最初に公文の中学英文法という参考書を使用しました。

次に中学レベルの単語を覚えるために中学レベル(1200単語)くらいが掲載されているものを選びこれを暗記しました。単語帳はメジャーなもåのであれば何でも良いと考えていました。

ここのレベルをクリアすると高校入試の問題や本当に簡単な英語のやりとりができるようになりました。資格試験でいうと英検3級が受かるレベルだと思います。

次は高校レベルの英文を読めるようになるための方法です。

使用参考書は文法はネクストステージで問題を解いて、わからないところはフォレストで調べるということを繰り返しました。使用した参考書はDUO3.0とパス単2級です。DUO3.0は割と口語表現が素晴らしく実践的でした。そしてここからはある程度単語力もついてきたので海外の小、中学生がよく読んでいる児童書の多読に取り掛かりました。

ここまでくると英検2級にギリギリ受かるレベルで、センター試験は140点くらいは取れていました。

英語の基礎が付いてきた段階なのでここからは引き続きパス単準一級、一級で単語力の強化に努め、ジャパンタイムズなどの英字新聞を毎日一面だけ読み、海外の小説を多読します。そして、話す力、聞き取る力も付けるためし、シャドーイングを海外のドラマを使って行いました。ここのレベルでTOIEC800点、英検準一級は取れるようになっていました。

ここからはひたすらアウトプットとインプットの繰り返しで英語力は伸びていきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中