ダイエット体験

2018年9月ごろから糖質制限ダイエットをしています。

肥満の原因となる糖質の摂取を抑えることでダイエット効果が得られるというものです。

糖質を多く含む食材(ごはん、うどん、パン、パスタ、デザート類など)の摂取をできる限りしないようにして、その代わりにタンパク質や脂質を積極的に摂取するようにしました。

朝は納豆+アボカド、昼は春雨スープ+スムージー、夜は玄米+普通のおかずというようなサイクルを長期間続けました。

結果は、約半年間で72kg→62kgとなり10kgのダイエットに成功しました。洋服のサイズはLからMになり、ウエストは88cm→77cmになり、憧れだったスキニージーンズが履けるようになりました。

しかしそれと引き換えに、体調が非常に悪くなりました。最初は原因がよく分からなかったのですが、おそらく独自ルールの糖質制限によるものだと思われます。

ものすごく疲れやすい、昼間ものすごく眠い、頭の回転が悪くなる、集中力の低下などです。

自分の場合元々疲れやすい体質なので、どこまで関連性があるかははっきりしませんが、糖質が不足することで脳に栄養が行かずこれらの諸症状が出る事はあるようです。

半年経った2019年3月ごろから体重が62kg前後で止まってしまいました。

身長166cmなので理想体重の60kgまで目前だったのですが、副作用があまりにもひどく仕事にも支障をきたすようになってきたので、4月後半からは糖質を少しずつ入れるようにしています。

朝、ごはんを50gとデザートを追加で食べてから仕事をすると、明らかに集中力が違うのが実感できました。糖質制限ダイエットというと糖質を忌み嫌う雰囲気になりがちですが、3大栄養素の一つですから排除するのではなく、バランスよく摂取する事が大事だということですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中